『ターミネーター3』では、新しいJ・コナー誕生

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 アーノルド・シュワルツェネッガーの人気シリーズ『ターミネーター』3作目では、これまでジョン・コナー役を演じてきたエドワード・ファーロングに代わってニック・スタールが演じることが明らかになった。スタールは、今年のアカデミー賞で5部門ノミネートされた『イン・ザ・ベッドルーム』 (原題)でシシー・スペイセクの息子役を演じた若手俳優だ。ストーリーは、前作から10年後、人間側のリーダーとなった20歳のジョンを中心に人間対機械の闘いが描かれ、シュワルツェネッガー扮するターミネーターより精巧な女ターミネーターが登場する。女ターミネーターにはノルウェー出身のクリスタンナ・ローケンが扮し、監督は『U-571』のジョナサン・モストウがあたり、脚本は『ゲーム』のジョン・ブランケートとマイケル・フェリスが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]