H・ベリー、『007』撮影中に目を負傷

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ハル・ベリーが『007』シリーズの最新作を撮影中、眼球を負傷した。ピアス・ブロスナンがリック・ユンの操縦するヘリコプターを撃ち落とすシーンを撮影中のことで、左目に爆弾の破片が入ったのが原因。彼女はただちに病院に運ばれた。情報筋によると「30分程度の手術で、破片は取り除かれたよ。左目が真っ赤になっていて、とても痛そうだったけど、ハルはとてもプロフェッショナルな態度だった。全く文句を言わなかったんだ。夫のエリック・ベネットが飛んで来て、彼女を看病してたよ」。多くのタブロイド紙が重態のように報じたが、主治医によれば「かなり幸運なことに」大事には至らなかったようだ。ベリーはすでに、スペインで同作品の撮影を再開している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]