R・スコット、ワーナーと新作の契約か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ワーナーが、新作『マッチスティック・マン』(原題)の監督として、リドリー・スコットと交渉中なことが明らかになった。この作品は、強迫神経症を病んだ信用詐欺師が、それまで存在すら知らなかった自分の娘に会うというストーリー。この企画が実現すれば、スコットがワーナーと組むのは『ブレードランナー』以来20年振りのこととなる。彼の次回作は『アラビアのロレンス』を彷佛とさせる、19世紀北アフリカを舞台にした時代劇『トリポリ』(原題)。ラッセル・クロウが主演する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]