W・アレン「今度の妻は、映画には出さないよ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 3日に全米公開する『ハリウッド・エンディング』(原題)でウディ・アレンは、自分の恋人を映画に出演させる監督を演じているが、彼は実生活でも同じようなことをしていた。しかし、現在の妻スン=イーはその限りではないようだ。「彼女は映画に出演することに全く興味がないし、また素質もないんだ。でも僕の映画を観に行ってはくれるよ。古いものはあんまりたくさんは観てないけど」とアレン。スン=イーの義理の母であるミア・ファローは、アレンの以前の恋人。80年代後半から90年代にかけて、計13本のアレン作品に出演している。最近の作品では、アレンの相手役を務めるのは、ミラ・ソルヴィーノやジュリア・ロバーツなど若い女優が多い。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]