K・スペイシー、伝説のジャズシンガーに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ケヴィン・スペイシーが、 伝説のジャズシンガー、ボビー・ダーリンの半生を描く 新作『マック・ザ・ナイフ』(原題)に主演することが決定した。1973年、37歳の若さで心臓の開胸手術の直後に天逝したダーリン。彼の最初の妻、サンドラ・ディーを演じるのはドリュー・バリモアだ。また、スペイシーはその歌声を聞かせてくれることになるかもしれないという。事情通によると「ケヴィンが歌うかは、彼がやりたいかどうかにかかかっている。彼はとてもおびえていて、レッスンを受けるとは言ってるが、サウンドトラックにはダーリンのオリジナル音源を使う必要があるかもしれない」

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]