M・J・フォックス、M・アリ、公聴会で証言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 共に同じ病気で苦しんでいるマイケル・J・フォックスとモハメド・アリが、首都ワシントンD.C.でのパーキンソン病に関する公聴会で証言をすることとなった。フォックスは、「スピン・シティ」に出演していた時は、病気を公表していなかったため、時には震えが止まるまで楽屋から何時間も出てこなかったり、撮影中に手が震え出した時は、重い本などを持ち上げるなどして病気を隠していたという。しかし、病名を公表し、自伝の「ラッキー・マン」を出版した今、パーキンソン病の研究リサーチなどにも積極的に関わりを持っている。1970年代に同じカナダのテレビ局で仕事をしていた、フォックスを含む4人が一斉に発病したことは、原因究明への大きな一歩だと専門家は見ている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]