マドンナ、ロンドン舞台デビューは失敗

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 マドンナが「アップ・フォー・グラブズ」でニューヨーク・ソーホーの美術商を演じ、ついに念願であったロンドンでの舞台デビューを果たした。テネシー・ウィリアムズの「熱いトタン屋根の上の猫」への出演が中止になって以来、ロンドンっ子が待ちわびていたデビューであった。チケットは発売からわずか10日間で売り切れ、定価の10倍以上で取引されていたという。初日の公演が終了したときのスタンディング・オベーションの中には、夫のガイ・リッチー、スティング、エルトン・ジョンなどの顔も見られた。しかし、翌日の新聞批評は惨憺たるもので、「声が出ていない。」「交通整理をしているかのように手を振り回していた。」「平坦な演技」などと厳しくたたかれた。ブロードウェーとオフ・ブロードウェーでも以前酷評を受けたマドンナ。今後は音楽活動に専念した方が良いのかもしれない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]