N・エフロン、ラスベガスを舞台にした映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』のノーラ・エフロン監督が、コロンビア・ピクチャーズの『ザ・デザート・ローズ』(原題)でメガホンを取ることが決まった。この作品は、ラリー・マクマートリーの同名小説の映画化で、ラスヴェガスのカジノでダンサーをしている年老いたシングルマザーが、自分の娘をショーガールとして成功させるために奮闘するドラマだ。エフロンは実妹であるデリアと共に脚本も手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]