T・オニール、マッケンローはステロイドを使用していたと告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 1992年に離婚した、テニス・プレイヤーのジョン・マッケンローと女優のテイタム・オニールが、10年後の今になってお互いに中傷合戦を繰り広げている。最近出版されたばかりのマッケンローの自伝 「ユー・キャノット・ビー・シリアス」がその原因らしい。この本の内容に反撃するかのように、突如、独占インタビューに応じたオニールは、マッケンローがプロテニスのツアー中にステロイド剤を使用していたことを告白。また、プライベートでもコカインやマリファナを使用していたと発言した。これに対しマッケンローは、ステロイド剤の使用を全面的に否定するとともに「彼女の発言を非常に残念に思う。子供たちのことも考えて欲しい」とコメント。離婚後、子供たちの親権はマッケンローが持っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]