ベストセラー小説、映画化再始動

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 20世紀フォックスが長年企画していたリチャード・プレストンのベストセラー小説「ホット・ゾーン―恐怖! 致死性ウイルスを追え!」の映画化が再始動し、監督には『ディープ・エンド』のデヴィッド・シーゲルとスコット・マクギーのコンビが決定した。ストーリーは、ワシントン近郊の町で突如出現した殺人ウイルス「エボラ」の恐怖に耐えながら、ウイルス制圧に命を懸ける兵士と学者の決死の攻防を描いたサイエンス・スリラーだ。この企画には、これまでにジョディ・フォスターやロバート・レッドフォード、リドリー・スコット監督などが関わってきていたが、製作が進まず同じ様な題材の95年映画『アウトブレイク』が公開され、製作が止まっていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]