T・ヴィンターベア、仏小説を映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『セレブレーション』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞しているデンマーク人監督トマス・ヴィンターベアが、『めまい』や『悪魔のような女』で知られるピエール・ボワロー&トーマ・ナルスジャック作品を映画化することが決まった。映画化されるのは62年の小説「仮面の男」で、ストーリーは貧しいミュージシャンの男が、お金のためによく似た金持ちの男の影武者をするが、実はそれは殺人者の目をごまかすためのおとりだったというサスペンスだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]