O・ウィルソン、E・レナード作品へ出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『シャンハイ・ヌーン』のオーウェン・ウィルソンが、ワーナー・ブラザースの『ザ・ビッグ・バウンス』(原題)へ出演するかもしれない。これはエルモア・レナードの同名小説の映画化で、若い詐欺師の男が町の権力者の情婦に翻弄され、事件に巻き込まれていく犯罪サスペンスだ。『ポイント・ブランク』のジョージ・アーミテージが監督し、脚本は『裏切りのkiss』のセバスチャン・グティエレスが手掛ける。この小説は、過去にライアン・オニール主演で69年に『悪女のたわむれ』として映画化されたが、失敗作としてレナードも上映が始まって20分後に席を立ったと伝えられている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]