T・スコット監督、長年の夢を実現

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スパイ・ゲーム』のトニー・スコット監督が、18年前からメガホンを取ることを希望していた作品の映画化がついに実現されることが決まった。映画されるのは冒険小説の巨匠A.J.クィネルの「燃える男」で、ストーリーは、長年の傭兵生活に疲れ切った男クリーシィが、ボディガードをしていた少女を惨殺され復讐のために単身マフィアに闘いを挑むハードボイルド・アクションだ。脚本は『ROCK YOU!』のブライアン・ヘルゲランドが手掛け、撮影は来年からヨーロッパで行われる見込みだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]