M・N・シャマラン監督が『サイン』にかけた思い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 メル・ギブソン主演のSFサスペンス映画『サイン』で、M・ナイト・シャマラン監督が前作のイメージを拭い去る作風について口を開いた。『シックス・センス』『アンブレイカブル』で独特の精神性とサスペンス・センスを表現してきたシャマラン監督だが、『サイン』では今まで以上にキャラクターの感情表現を増やしていることについて、「いくら技術的に優れていても観客に伝わらなければどうしようもない。だから今回は、今まで観客に見せたことのない喜びと感情を見せるようにした」と語った。[ロサンゼルス 7月29日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]