マドンナの製作会社、新作の映画化権を獲得

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 マドンナ主宰の製作会社マーヴェリック・フィルムズが、ポール・ヒルシュ脚本による『クール・ハークズ・ブレイクビーツ』(原題)の映画化権を獲得した。ストーリーは、風変わりなDJ二人組が秘められた謎のヒップホップ・レコードを探すアドベンチャー・コメディとなる。タイトルにもなっているクール・ハークはヒップホップ界でブレイク・ビーツの生みの親といわれているDJで、今では2台にミキサーがついているのが当たり前のDJターンテーブルだが、70年代当時は1枚づつレコードをかけていて、彼が2枚使って音楽のサビ部分を繰り返しプレイし、のちにレコードのドラム/ベース(ブレイク・ビーツ)のみをプレイする方法を見つけだした。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]