A・バンデラスとE・トンプソン、新作を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 70年代のアルゼンチン独裁政権に誘拐され、行方不明となった人々を描く『イマジニング・アルゼンチーナ』(原題)を控え、スペイン人俳優のアントニオ・バンデラスと英国の演技派女優エマ・トンプソンが特別な思いを抱いている。スペインのフランコ独裁時代に少年だったバンデラスは「アルゼンチンの人々は、この問題を世界に知らせたがっている」と語り、行方不明者の子供とクラスメートだったトンプソンは「キズはまだ開いたまま」と、この作品に大きな意義を感じている様子。[マドリード 8月22日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]