C・タッカー、役作りのモデルは国務長官

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ラッシュ・アワー』シリーズがヒットを飛ばしたクリス・タッカーが、新作『ミスター・プレジデント』(原題)でタイトル・ロールを演じる。これは初の黒人政府高官を描くコメディだが、この役作りのためにタッカーが選んだモデルは、なんとアメリカのパウエル国務長官! 「国政を正しく表現したい」というタッカーは、サミットでアフリカへ向かうパウエル長官が記者たちに取り囲まれる様子を熱心に見つめ、国家の高官の姿を焼き付けた。[ヨハネスブルグ 9月3日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]