M・ファイファー、ハリウッド女優の希望を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 女優の活躍が難しいとされているハリウッドに、ミシェル・ファイファーが希望の光を見出している。新作『ホワイト・オリアンダー』(原題)のプレミアでトロント映画祭に現れたファイファーは、「状況はよくなっているわ。ガラスの壁は打ち破られてはいないけど、この作品がその変化をよく表しているはず」と語っている。ジャネット・フィッチのベストセラー小説を基にしたこの新作で、ファイファーは恋人を殺害した母親を演じ、共演にはロビン・ライト・ペン、アリソン・ローマンなどの女優たちが活躍する。[9月6日 トロント]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]