R・コーマン監督、久しぶりに新作を製作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 B級映画の帝王ことロジャー・コーマン監督が、『キャプテン・ジャスティス』(原題)で久しぶりに映画をプロデュースすることが決まった。映画は300万ドルの低予算作品で、逃げ込んできた犯罪者がコミック・ヒーローの振りをしたことからスリリングな冒険を体験することになる男の子を中心に描いたアクション・コメディだ。監督と脚本はビクトリア・レイクマンが手掛け、撮影は来春から開始され、公開とともにアメリカではコミック版も発売される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]