J・チェン、監督第三作目は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 初監督作品『シュウシュウの季節』で台湾金馬奨史上初の11部門ノミネートされたジョアン・チェンが、『オータム・イン・ニューヨーク』に続く監督第三作目として『ザ・アンウォンティド』(原題)でメガホンを取りそうだ。この作品は、キエン・グエンのノンフィクション小説「憎しみの子ども」の映画化で、アメリカ人の父親とベトナム人の母親との間に生まれたハーフの少女キエンが、ベトナム戦争終結とともに何不自由なく暮らしていた幸せな生活から一転し全財産と邸宅を没収され悪意に満ちた差別を受けながらも立ち向かっていく姿を描いていく。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]