A・ホプキンスの新作が、制作延期

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 19世紀半ばにバチカンで起きた、ユダヤ人の少年誘拐事件をもとにした新作映画が、予算の問題で撮影延期となってしまった。カトリックとプロテスタント、ユダヤ教を分裂させた宗教問題を描くこの作品では、アンソニー・ホプキンスがローマ教皇ピウス9世を演じることになっており、撮影は10月半ばにイタリアで行われる予定だった。制作側は、来年には撮影を再開したいつもりだが、めどは立っていない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]