A・ジョリー、オオカミ人間に扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 アンジェリーナ・ジョリーが、ワーナー・ブラザースの『ビトゥン』(原題)へ出演することが決まった。この作品は、ケリー・アームストロングの同名小説の映画化で、ジョリーが扮するのは、オオカミ人間に噛まれたことでオオカミ人間になり、その群れの中で暮らす美しい女性。彼女は普通の生活を求め、オオカミ人間であることを隠してジャーナリストとして働くようになる。しかし無法者のオオカミ人間達が犯罪者を引き込んで群れを脅かし始めたことから、彼女は昔の仲間を救うために立ち上がる、というストーリーだ。監督は『素肌の涙』で原作・脚本を手掛けたアレキサンダー・スチュアート。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]