J・アイアンズはバルカン経済の救世主

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 新作『マチルダ』(原題)の撮影でモンテネグロの小さな島に滞在していたジェレミー・アイアンズが、2ヶ月間の滞在で約850万円を使い、低迷するバルカンの島の経済に貢献した。この島はかつて、スターたちのバカンス先として人気が高かったが、バルカン紛争の勃発により経済危機に陥った。ホテルのマネージャーによると、アイアンズはここ数年のなかで最もたくさんのお金を使っており、救世主のような存在。「かつて、リッチで有名な人々をおもてなししていたことを思い出します。ミスター・アイアンズにご満足いただいているとよいのですが」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]