J・アレンとJ・ガーナー、N・カサヴェテス作品で共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『ザ・コンテンダー』のジョーン・アレンと『スペース・カウボーイ』のジェームズ・ガーナーが、ニック・カサヴェテスの『ザ・ノートブック』(原題)で共演することが決まった。これはニコラス・スパークスのベストセラー小説「きみに読む物語」の映画化で、たとえ老年になり相手がアルツハイマーになっても相手を愛する気持ちは変わらないという純粋な愛の物語を描いていく人間ドラマだ。ジーナ・ローランズがアルツハイマーの女性に扮し、ガーナーが彼女を看病する男性を演じる。そして男性が読んで聞かせるノートに登場する若い頃の二人には「完全犯罪クラブ」のライアン・ゴズリングと若手女優のレイチェル・マクアダムスが扮し、アレンはマクアダムスの母親役として共演する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]