G・ルーカス、“先駆者”として受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』を全編デジタルカメラで撮影したことに対し、監督であるジョージ・ルーカスに賞が贈られることになった。アメリカプロデューサー組合は、ルーカスが行ったデジタル撮影が映画界に技術発展をもたらしたとして、ニューメディアと技術部門で業績を残した人に贈られる“先駆け”という意味のヴァンガード賞を贈ると発表。授賞式は1月16日に行われる予定である。[ロサンゼルス 11月14日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]