『生きる』、ハリウッドリメイク決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ベルリン映画祭銀熊賞を受賞し、黒澤明監督の最高傑作といわれている52年の映画『生きる』がドリームワークスによってハリウッド・リメイクされることが決まった。鈴木光司原作のホラー映画『リング』をリメイクしヒットさせた同社は、今回もニューヨークを舞台にして全編英語のハリウッド映画として作り直す予定だ。『生きる』は、余命いくばくもないことを知った真面目一徹の市役所の役人が、人間が生きる本当の意味を考え小さな公園の建設に情熱を注ぐヒューマン・ドラマの傑作だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]