『シカゴ』の監督、米監督組合賞を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 第55回アメリカ監督組合賞で、ベテランのマーティン・スコセッシやロマン・ポランスキーを抑え、新人のロブ・マーシャルが監督賞を受賞した。オスカーの前評判が高い『シカゴ』を監督したマーシャルは、トニー賞を獲得しているブロードウェーの監督でもある。この監督組合賞を受賞した監督が、アカデミー賞で監督賞を受賞できなかったのはたった5回しかない。つまり55回中50回は受賞監督がオスカーも受け取ったということになる。マーシャルは、「予想もしていなかったことで驚いている。トロフィーを置くためにもう1つアパートを借りないといけないかも」と喜んでいた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]