SAG賞は『シカゴ』、WGA賞は『めぐりあう時間たち』、オスカーは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 米映画俳優組合主催の第9回SAG賞は『シカゴ』の強さを見せつけるものとなった。主演女優賞は『シカゴ』のレニー・ゼルウィガー、助演女優賞は同作品のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが受賞。また、作品賞に値する最優秀キャストには『シカゴ』が選ばれた。一方、米脚本組合主催の第55回WGA賞のオリジナル脚本賞には『ボーリング・フォー・コロンバイン』、脚色賞には『めぐりあう時間たち』がそれぞれ選ばれており、2週間後のオスカーに期待が高まる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]