D・フィンチャー、監督を降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『パニック・ルーム』のデヴィッド・フィンチャー監督がメガホンを取る予定だった『ステイ』(原題)を降板することが明らかになった。代わりに監督するのは『チョコレート』のマーク・フォスターで、ストーリーはアメリカの名門大学を舞台に、心理学者の教授が生徒の自殺を止めようとする超自然サスペンスだ。脚本は「25時」の原作者として知られ、ブラッド・ピット主演映画『トロイア』(原題)の脚本も手掛けるデイヴィッド・ベニオフが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]