E・ノートン、熱弁をふるう

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ニューヨークのグラウンド・ゼロを背景に描いた、スパイク・リー監督の新作『25th アワー』(原題)で、出演者のエドワード・ノートンが、グラウンド・ゼロ地区を映し出す意義を熱く語っている。ノートンは、「9月11日の悲劇を取り上げなければこの映画は真実でなくなる」と主張。「9・11には政治的背景のほかに、感情的な背景がある。それは今のニューヨークを形成しているものなんだ。セットを使って、あの出来事を見せかけで作っても意味はない」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]