K・コスナー、T・ロビンスとS・サランドンを擁護

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『さよならゲーム』が製作15周年記念を迎え、ケビン・コスナーら、出演者がイベントに招待された。しかし、ニューヨークのベースボール・ホール・オブ・フェイムの会長は、ティム・ロビンスとスーザン・サランドンが反戦主義者であることを理由に二人の招待を取りやめた。これに対しコスナーは、「彼らは素晴らしい人物だ。彼らの意見にすべて賛成するわけではないが、アメリカ国民なら、自由に意見を言えるはず。彼らを差別する必要はないはずだ」と語った。[サンセット 5月2日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]