J・トラヴォルタ、アメコミ映画で悪役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 人気のアメリカン・コミックが続々映画化されるなか、更なる新作が登場する。復讐に燃えるスーパー・ヒーローを描いた、マーヴェル社のコミック『ザ・パニッシャー』(原題)。この作品に、ジョン・トラヴォルタが悪役で出演することが決まった。役名はハワード・セイントで、地域の名士でありながら裏社会に幅を利かす男の役。製作は7月に開始される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]