A・シュワルツェネッガー、脚本家を獲得

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 アーノルド・シュワルツェネッガーが進めている73年の映画『ウエストワールド』のリメイク作品の脚本家に『ターミネーター3』のジョン・ブランケートとマイケル・フェリスが決まった。『ウエストワールド』は、マイケル・クライトンが自らの脚本で監督したSF映画で、本物そっくりの人間や動物がいるレジャーランドで、コンピューターが故障しロボットたちが反乱を起こすという内容だ。シュワルツェネッガーは、オリジナル版でユル・ブリンナーが扮したロボット役を演じる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]