D・ドゥカヴニー、監督デビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 「X-ファイル」のスター、デヴィッド・ドゥカヴニーが、新作『ハウス・オブ・ディー』(原題)で初めて監督のイスに座る。この作品でドゥカヴニーは、監督のほか脚本も務め、主演にはロビン・ウィリアムズが決まっている。物語の舞台はニューヨークで、主人公の男が自分の過去を振り返りながら、そこで出会った人間たちとの関係を描いていく。ウィリアムズの子供時代を演じる俳優には、『ロード・トゥ・パーディション』のタイラー・ホークリンが決まっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]