K・コスナー、愛着の地で展覧会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ケヴィン・コスナーが、オスカー受賞作『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のロケ地であるサウスダコタで、アメリカ・バイソンの展覧会を開いた。展覧会には、3人のラコタ族が馬に乗ってバッファローを追いかけるブロンズ像が展示され、コスナーは、「家族を養うために闘う戦士たちの姿を見ることができるよ。暴力的でもあるが、僕にとってはとてもポエティックに思えるんだ。何千年も前にあった生と死の存在が興味深い」と語っている。[6月24日 サウスダコタ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]