B・レヴィンソン、人間ドラマを監督か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『バンディッツ』のバリー・レヴィンソン監督が、『ライフ/未来への想い』の脚本家ジョン・スコット・シェパードの処女小説「ヘンリーズ・リスト・オブ・ロングズ」(原題)の映画化作品でメガホンを取るかもしれない。これは、少年時代に女の子をプロムに誘って直前に振られたシャイな男の子を主人公にした物語で、その後冷酷な大人になった彼が10年ぶりに故郷に戻りそこで自分自身を見つめ直すまでを描く人間ドラマだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]