『フェイス/オフ』の脚本家、次回作はSF大作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『フェイス/オフ』の脚本家マイク・ワーブとマイケル・コラーリーが、コロンビア・ピクチャーズのSF大作の脚本を手掛けることが決まった。タイトルは『エイリアン・プリズン』(原題)で、人類を研究するためにエイリアンに誘拐された6人の人間がエイリアンの地球侵略を止めようとするストーリー展開となる。監督は『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒが候補に挙がっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]