C・クロフォードの悲惨な思い出

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 1995年の『フェア・ゲーム』に出演し、トップ・モデルから女優へと活動の場を広げたシンディ・クロフォード。そんな彼女も、初めてオーディションを受けた時は、情けない思いをしたそうだ。それは、『卒業』のマイク・ニコルズ監督にオーディションを受けたときのこと。クロフォードは、「あれは、私がモデルになった最初の年だったわ。映画の脚本なんて見たこともなかったの。感情も何も無く、ただ読んだだけだった。監督に、字は読めるみたいだなって言われたわ」と、苦い思い出を語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]