P・クルス、レイプ被害者の役を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 新作のイタリア映画『ドント・ムーヴ』(原題)に出演するペネロペ・クルスが、彼女とわからないほどの悲惨なレイプ被害者を演じている。「これ以上の最悪な姿はないわ。でも、この役には必要なの」と語るクルス。「原作を読んだ時は泣いてしまったわ。この役は、通りで見かけたら思わず見てしまうような女性。とても貧しくて、病院にいくお金もなく、頼る人は誰もいないの。少女の頃から父親にレイプされ、本当の愛がどんなものかを知らないのよ。とても心が痛んだわ」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]