I・ロッセリーニ、新作の役を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 新作『ザ・サッデスト・ミュージック・イン・ザ・ワールド』(原題)で、ビール業者の女性を演じるイザベラ・ロッセリーニが、役柄について語った。本作は、カズオ・イシグロによる脚本をガイ・マディソン監督が映像化したもの。ロッセリーニによると、「この役は、皮肉屋で金持ちで巧妙な女性。ビールの業者だから、町が憂うほどビールが売れて、私が潤うというわけ」。近年、出演作がより小規模で独立系の作品に変わってきているロッセリーニだが、それについては「私の興味は芸術、ということ以外に、説明はつかないわ」と語った。[ベニス 8月30日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]