Q・タランティーノ、北京でドラッグ・パーティ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ監督が、中国ロケを存分に楽しんだことを語った。タランティーノ監督によると、中国のナイトライフはとてもワイルドで、北京の町には麻薬が溢れているそう。「中国は今、世界のエクスタシー(麻薬)の首都だよ。初めて万里の長城へ行った時は、夜通しまるでパーティだった。ロックバンドや花火があって、クスリをやったんだ」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]