U・サーマン、『キル・ビル』への出演を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ユマ・サーマンが、『キル・ビル』出演の感想を語った。サーマンは、撮影が始まる少し前に出産したばかりで、クエンティン・タランティーノ監督は彼女のために製作を遅らせた。サーマンは「トレーニングをしながらローアンの世話をするのは大変だったわ。良かったことは、シーンの途中で赤ちゃんが泣き出しても、すぐに世話に走っていけたこと」と語っているが、苦労を承知で役を引き受けたのは、タランティーノ監督の魅力が大きかったようだ。「彼ともう一度仕事をしないなんて、できないわ。『パルプ・フィクション』では、自信を失っていた私に、再び自信を満たしてくれた」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]