R・ダウニーJr.、アレン監督作は要らない?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ウディ・アレン監督の新作で、過去の麻薬トラブルにより保険問題の折り合いが付かず、役を降ろされたロバート・ダウニーJr.。彼が、この作品について「どうせ出たくなかった」と語っている。ダウニーJr.によると、アレン監督は彼を広告宣伝に使っただけ、とのこと。「実際のところ、あの役はほしくもなかった。彼らは先に保険の問題に目を通すべきだったんだよ。ウディは、僕を雇うことで大きな宣伝になるはずだった。抜けてハッピーさ」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]