M・フォアマン、小説の映画化作品を監督?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『カッコーの巣の上で』や『アマデウス』など数々の賞に輝く名作を手掛けてきたミロス・フォアマン監督が、ベストセラー小説の映画化作品でメガホンを取るかもしれない。映画化されるのは『薔薇の名前』の原作者として有名なウンベルト・エーコの「バウドリーノ」(原題)で、アレクサンドリア王国を統治した大王バウドリーノと同じ名前を持つ辺境生まれの少年が、時の王の養子となり賢者を師として文学修練の日々を続ける物語だ。脚本はグレン・ウィルハイドが手掛け、撮影は2005年モロッコで行う予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]