K・ダンスト、ロンドンの娼婦に?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 キルスティン・ダンストが、新作でイギリス人娼婦を演じることになりそうだ。これは、気鋭の新人小説家、マイケル・フェーバーの原作「ザ・クリムゾン・ペタル・アンド・ザ・ホワイト」(原題)を映画化する企画。物語は、ヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台に、成功と幸せをつかむため、実業家を利用して成り上がっていく娼婦を描いている。脚本は、ニコール・キッドマンの新作『白いカラス』を手がけたニコラス・メイヤー、監督は『8Mile』のカーティス・ハンソンが務める。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]