P・アンダーソン、10年後の死を覚悟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 パメラ・アンダーソンが、C型肝炎で10年後には死ぬことを覚悟していると告白した。「うまくいけば、あと15年生きられるかしらね。でも最近はとても調子いいのよ」と言っている。2001年にC型肝炎と診断されたアンダーソンは、通常の治療で使用されるインターフェロンではなく、医師がアンダーソンのために特別に処方した薬で治療を受けているとのこと。キッド・ロックとの婚約も解消し、今は子供たちが父親のトミー・リーと良い親子関係を持てるよう努力する毎日だという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]