J・キャリーの新作がエジプトで上映禁止

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ジム・キャリー主演の最新作『ブルース・オールマイティ』が、エジプトで上映禁止となった。キャリーはこの映画で、神様の代わりに全能の力を授けられた男を演じており、これがエジプトでは「神の神聖を冒すもの」と見なされたため。検閲側は「全能は神だけに与えられた力」と語っている。エジプトでは、今年6月に『マトリックス リローデッド』の上映も、「存在と創造の問題に異議を唱えている」として、禁止された。[11月8日 カイロ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]