『青春物語』のH・ラング、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 1957年の『青春物語』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたホープ・ラングが70歳で亡くなった。死因は虚血性大腸炎と発表されている。元夫で、俳優のドン・マレーはラングを、美しい容姿と優れた演技力を兼ね備えた女優と褒め称えていた。本人は自分の美しさには無頓着だったらしいが、マリリン・モンローは、『バス停留所』に一緒に出演する彼女を見て嫉妬をし、ラングの髪をブロンドから赤毛に染めるよう指示を出したと言われるほど美しい女優だった。[サンタモニカ 12月22日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]