R・スコット、最新小説の映画化を企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 現在モロッコで、新作『キングダム・オブ・ヘヴン』(原題)を撮影中のリドリー・スコット監督が、早くも次のプロジェクトを決定したようだ。この企画は、「南仏プロヴァンスの12ヶ月」などで知られるイギリス人作家ピーター・メイルの最新小説「ア・グッド・イヤー」を映画化するもので、南仏へ引っ越したロンドンの銀行員が美しいアメリカ人女性と出会う物語。脚本は、『セレンディピティ』のマーク・クラインが担う。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]