デンゼル・ワシントンとA・フュークワー監督、再びコンビを組む?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『トレーニング・デイ』のアントニー・フュークワー監督とデンゼル・ワシントンが、『ザ・リターン・オブ・スーパーフライ』(原題)で再びコンビを組むかもしれない。これは、1970年代初めにハーレムで麻薬取引の大物としてその名を馳せたフランク・ルーカスの半生を描く伝記映画で、脚本は『ギャング・オブ・ニューヨーク』のスティーヴン・ザイリアンが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]